タグ:企画展 ( 60 ) タグの人気記事


2015年 10月 27日

龍子・エルド吉水個展

バイオレンスアクション漫画のパネルを立ち読みする企画展。
これまでの作品は上巻として出版済みで海外での評価も高い。
会期中フランスのテレビ局が取材に訪れた。
2015年10月17日から24日まで
f0267996_856308.jpg

f0267996_8555223.jpg

f0267996_8544680.jpg

f0267996_8535890.jpg

f0267996_8531996.jpg

f0267996_849240.jpg
f0267996_8484341.jpg

f0267996_8514214.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-10-27 08:57 | イベント
2015年 09月 28日

青木有理子 田 聡美 二人展 金属 X 硝子

青木有理子 田 聡美 二人展 金属 X 硝子
2015年9月19日(土)−27日(日) 24日(木)休廊
高岡と金沢を拠点に、各々が鋳込み技法により制作した品々を中心に
展示を行いました。二人展の為に合作、協力したアクセサリーも出展。
f0267996_18252264.jpg
f0267996_1825965.jpg
f0267996_18244755.jpg
f0267996_18243174.jpg
f0267996_1824056.jpg
f0267996_18233940.jpg
f0267996_18231568.jpg
f0267996_18225445.jpg
f0267996_18222257.jpg
f0267996_18214457.jpg
f0267996_18211953.jpg
f0267996_18202986.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-09-28 18:27 | イベント
2015年 09月 19日

青木有理子 田 聡美 二人展 金属 X 硝子

高岡と金沢を拠点に、各々が鋳込み技法により制作した品々を中心に展示を行います。
二人展の為に合作、協力したアクセサリーも出展致します。
2015年9月19日(土)−27日(日) 24日(木)休廊
13時–20
f0267996_1631938.jpg

f0267996_169463.jpg
f0267996_168598.jpg
f0267996_1664663.jpg
f0267996_1653122.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-09-19 16:09 | イベント
2015年 09月 15日

板倉敬子 "An Unknown You Lurks inside You."

写真家 瀬戸正人氏「silent mode」(木村伊兵衛賞)の幾つかの作品をコラージュという形で再構築した最新作、
及び過去のドローイングやオブジェを展示。
会期中には「蓄音機の会」を開催。
作品の中でイメージに合わせたSP盤の音をお愉しみ頂きました。

板倉敬子
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業 
NYADC会員 東京TDC会員
f0267996_17335846.jpg
f0267996_17325652.jpg
f0267996_1732785.jpg
f0267996_17311638.jpg
f0267996_17304277.jpg
f0267996_17295364.jpg
f0267996_1729642.jpg
f0267996_17282790.jpg
f0267996_17275034.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-09-15 17:37 | イベント
2015年 08月 31日

Little Woody Daily Diary T-shirts Exhibition

Little Woody Daily Diary T-shirts Exhibition
日々つくり続けている手描きTシャツの過程(150枚以上)と
ミュージシャンでもある展示作家のライブイベント。
f0267996_17251057.jpg
f0267996_17243419.jpg
f0267996_17202017.jpg
f0267996_17194268.jpg
f0267996_1718468.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-08-31 17:26 | イベント
2015年 07月 28日

黒沼真由美 Inner Sea - 飯島魁博士に捧ぐ

黒沼真由美
statement 生物の体の構造を再現するために、デザインやデフォルメを排した解剖学的に正確なレース編みを作っています。 独学のレース編みは主にかぎ針編みと棒針編みの技法を組み合わせて曲線の自由度と網状の皮膚感を出したもので、布に留める以前にも一体として繋がっています。
1992 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
1994 東京芸術大学大学院修士過程美術研究科油画技法材料研究室修了
f0267996_1352127.jpg
f0267996_13513288.jpg
f0267996_134555100.jpg
f0267996_13444432.jpg
f0267996_13432552.jpg
f0267996_13421926.jpg
f0267996_13414598.jpg
f0267996_1341176.jpg
f0267996_1339299.jpg
f0267996_13381329.jpg
f0267996_13373674.jpg
f0267996_13365264.jpg
f0267996_13361050.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-07-28 13:53 | イベント
2015年 07月 06日

にしやまけいたろう with maruse ホワッツ Kawaii ?

可愛いという感覚は対象物に対して不安定さを感じたときに起こるものではないかと考えている。
動物の子供は顔の構成や体型が同種間において守ってあげたくなるように出来ているという話も同じ原理で、完全体では無いモノに対する保護感情とでも言おうか。
一方、美しいという感覚は安定したバランスであり憧れか。
ということは「キモカワイイ」という感覚は案外正常なのかも知れない。
だからと言って、にしやまけいたろうの作品が不完全であると言っているのではない。
むしろ彼は危うさを感覚的に作り上げているいわゆる確信犯なのである。
f0267996_11214485.jpg
f0267996_1120337.jpg
f0267996_11194798.jpg
f0267996_11191464.jpg
f0267996_11183334.jpg
f0267996_1117573.jpg
f0267996_1116551.jpg
f0267996_11162868.jpg
f0267996_11161061.jpg
f0267996_11154661.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-07-06 11:22 | イベント
2015年 06月 30日

にしやまけいたろう with maruse ホワッツ Kawaii ?

にしやまけいたろう with maruse ホワッツ Kawaii?
「かわいい」もしくは「Kawaii」の謎について独特のこだわりを持つ、
にしやまけいたろうとmaruse店主が、がっぷりと組み合い表現する愛おしさと異形のバランス。
f0267996_16182314.jpg
f0267996_16164132.jpg
f0267996_1616776.jpg
f0267996_16153364.jpg
f0267996_1614409.jpg
f0267996_1613543.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-06-30 16:18 | イベント
2015年 06月 03日

クラフト工房La Mano 五十嵐朋之 いろいろATELIER を終えて

五十嵐朋之の作品は表現する技術が実に真っ当(上手い)であるのに、突然それを裏切られたり、幾つかの法則が垣間見得ることで返って謎が深まったりと鑑賞するほどに不思議な違和感に見舞われる。それはいわゆるアール・ブリュット(生の芸術)とカテゴライズされる作品とは何処かが違っている。そもそもカテゴライズされ無いアートをそう呼ぶのだろうからそんな説明は不要で、感覚的に鑑賞していただく為には尚更である。
f0267996_8461885.jpg
f0267996_846236.jpg
f0267996_8453145.jpg
f0267996_842564.jpg
f0267996_8414222.jpg
f0267996_8403040.jpg
f0267996_8394776.jpg
f0267996_8391049.jpg
f0267996_8385173.jpg
f0267996_8383426.jpg
f0267996_8374834.jpg
f0267996_8373652.jpg
f0267996_837148.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-06-03 08:47 | イベント
2015年 05月 25日

クラフト工房La Mano 五十嵐朋之 いろいろATELIER その2

クラフト工房La Mano 五十嵐朋之 いろいろATELIER
展示中日をむかえて
「自分の法則に頑固なまでに従順であり続け、そうすることで他者の束縛からは解放される」自由とはそうやって得ることができるモノなのかもしれない。一見して窮屈と感じる作品が作家にとっては自由の元に生み出されたのだと感じた時、自由とは解放的とか伸びやかであるとかの解りやすい形容で表されるモノだけでは無いのだと思い至った。

5月31日まで 水木休業
f0267996_1361917.jpg
f0267996_1341880.jpg
f0267996_1333122.jpg
f0267996_1323080.jpg
f0267996_1313634.jpg
f0267996_1302538.jpg
f0267996_12595396.jpg


by maruse-B1gallery | 2015-05-25 13:07 | イベント